心斎橋の賃貸・不動産情報はエースホーム > ACE HOME 心斎橋店のスタッフブログ記事一覧 > 宅配ボックス付き賃貸物件はおすすめ?メリット・デメリットをご紹介

宅配ボックス付き賃貸物件はおすすめ?メリット・デメリットをご紹介

宅配ボックス付き賃貸物件はおすすめ?メリット・デメリットをご紹介

賃貸物件を探す際に、その物件にどのような設備があるのかはとても重要なポイントです。
賃貸物件の設備のなかでも需要が高い設備に「宅配ボックス付き」があります。
しかし、宅配ボックスはメリット・デメリットの両方が存在しているため、引っ越し前にしっかりと確認しておくことが重要です。
そこで、ここでは宅配ボックス付き賃貸物件へ引っ越すメリット・デメリット、宅配ボックスの種類をご紹介します。
宅配ボックス付き賃貸物件への引っ越しをご検討中の方は、ぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

宅配ボックス付き賃貸物件のメリット

宅配ボックス付き賃貸物件のメリット

まずは、宅配ボックス付き賃貸物件のメリットを3つご紹介します。
どのようなメリットがあるのかを確認し、自分に当てはまるのかを確認していきましょう。

メリット①不在時にも荷物を受け取ることができる

宅配ボックスは、荷物を受け取る方が部屋に居なくとも預けることができるボックスです。
取り出し方も暗証番号などを打ち込むだけであり、とても簡単に荷物を受け取ることができます。
こちらのメリットはとくに、日中忙しいビジネスパーソンの方や、日中を学校で生活する学生の方にとって大きなものです。
配達指定時間は、主に2時間刻みなどで細かい時間指定がおこなえないことが多いため、予定を合わせるのが不便に感じている方は多くいます。

その点宅配ボックス付き賃貸物件であれば、荷物を受け取る時間を調節する必要がなく、好きなときに必要なものを購入することが可能です。
配達物を受け取る時間がなかなか作れない方は、こちらのメリットを認識しておきましょう。

メリット②再配達が不要

指定した時間に配達物を受け取ることができなかった場合、再配達を依頼しなければなりません。
最近では再配達の依頼をインターネットからおこなえるサービスもありますが、配達番号の入力や指定時間の入力など、どうしても手間はかかってしまいます。
また、再配達費用がかかることも少なくありません。
しかし宅配ボックス付き賃貸物件なら、荷物を宅配ボックスに入れておいてくれるため、不在でも再配達の依頼が必要ありません。
そのため、急な予定が入る可能性のある方にとっては大きなメリットとなります。
もし、再配達の依頼が面倒だと感じたことがあるのであれば、宅配ボックス付き賃貸物件がおすすめです。

メリット③防犯性が高い

防犯性を高めるためには、住んでいる場所などを人に知られないことが重要です。
さらに、部屋の前に知らない人が来ることを防ぐのも防犯性を高めるためには必要になります。
宅配ボックス付き賃貸物件では配達人が部屋まで向かわずとも作業がおこなえるため、上記のポイントを実現することが可能です。
また、部屋のインターホンが鳴ったときには、その人が本当に信頼できる人なのかを見極めなければなりません。
しかし、宅配ボックス付き賃貸物件では配達員がインターホンを鳴らすことは基本的にはないため、配達員を装っている不審者であることが分かります。
とくに、一人暮らしの女性の方や学生の方はこちらのメリットも認識しておきましょう。

宅配ボックス付き賃貸物件のデメリット

宅配ボックス付き賃貸物件のデメリット

ここまで宅配ボックス付き賃貸物件のメリットをご紹介しましたが、デメリットも存在しているため確認が必要です。
デメリットについても確認し、自分は宅配ボックス付き賃貸物件へ引っ越すべきかどうか判断していきましょう。

デメリット①管理費が高くなる

宅配ボックスを付けるためには設置費や電気代がかかってしまいます。
さらに、宅配ボックスが故障してしまった場合は修繕費も必要です。

そのため、宅配ボックス付き賃貸物件はそうでない物件と比べると管理費がやや高い傾向にあります。

また、宅配ボックス付き賃貸物件は高い需要がある一方で物件数はそれほど多くなく、家賃も高い傾向が見られます。
そのため、できるだけ家賃・管理費を抑えたい方にとってはデメリットとなってしまうのです。
引っ越しを考えているエリアにおいて、宅配ボックス付きとそうでない物件を調べ、どのぐらいの差があるのかを確認しておきましょう。

デメリット②受け取る荷物によってはボックスに入らない

宅配ボックスは共用部に設置されているため、サイズはそれほど大きくありません。
ですので、通販で大きいサイズのものを購入しても直接受け取ることが必要な場合があります。
たとえば、家具や家電などは宅配ボックスで受け取れないことが多いです。
また、宅配ボックスは冷却機能が付いていないものも多くあります。
そのため、冷凍食品を購入する場合も直接受け取る必要があります。
サイズの大きなものを頻繁に注文する方は、宅配ボックスに入らなかったことは自己責任となってしまうため注意しておきましょう。

デメリット③いつでも利用可能なものではない

宅配ボックスは自分だけのものでなく、入居者みんなで共同利用するものです。
そのため、すでに宅配ボックスが埋まっている場合は利用することができません。
配達時に宅配ボックスが空いているかどうかは、その時になってみないと分からないものです。
もし、部屋数が多い宅配ボックス付き賃貸物件へ引っ越しを考えていく場合は、宅配ボックスが利用できない場合もあることを認識しておきましょう。
また、宅配ボックスの数は物件それぞれで異なるため、内見時などにボックス数を確認することをおすすめいたします。

宅配ボックス付き賃貸物件へ引っ越す前に種類を確認しよう

宅配ボックス付き賃貸物件へ引っ越す前に種類を確認しよう

宅配ボックスには、1種類だけでなくさまざまなものがあります。
ここでは大きな分類である機械式と電気式をご紹介しますので、検討している賃貸物件の宅配ボックスがどちらであるのかを確認していきましょう。

機械式

機械式は暗証番号を設定し、暗証番号を知っている方のみが開けられるようになっているタイプです。
この暗証番号は配達員が毎回ランダムに設定し、不在票に数字を書き込んでおくことで入居者がロックを解除することができます。
解錠がダイヤル式のものが多いため、機械式はダイヤル式と呼ばれることも多いです。
機械式はやや古い種類の宅配ボックスであり、郵便受けの不在票を抜き取られるなどセキュリティ面に心配が残ってしまいます。
しかし、こちらの種類はランニングコストが基本的に不要であり、管理費も安く済むことが多いです。
機械式は「宅配ボックス付き賃貸物件が良いが管理費は抑えたい」といった方におすすめな種類になります。

電気式

電気式は、ICカードや顔認証などでロックを解除するタイプです。
機械式は他の人に荷物を盗まれる可能性がある一方で、こちらは自身の鍵などでしか開けることができないため、セキュリティ性がとても高いです。
また、電気式にはオンラインタイプのものもあり、キーをなくした場合でも対応してくれる可能性もあります。
さらに、電気式のなかには荷物が届くとスマートフォンへ通知がくるシステムが搭載されているものもあり、日々を便利に過ごすことが可能です。
ただし、電気式は電気代が必要であり、オンラインタイプの場合はインターネット代などがかかってきます。
そのため、宅配ボックスが電気式である場合は管理費が高くなりやすいです。
便利さと値段を天秤にかけ、便利さのほうが大きい場合は電気式である賃貸物件を探していきましょう。

まとめ

今回は宅配ボックス付き賃貸物件へ引っ越すメリット・デメリット、宅配ボックスの種類をご紹介しました。
宅配ボックスはとても便利なものである一方、デメリットや費用についても確認しておかなければなりません。
これらをしっかりと確認しておき、便利さを優先させたいと感じた方は宅配ボックス付き賃貸物件を探していきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|大阪市中央区のなんば駅周辺のおすすめカフェ3店舗をご紹介   記事一覧   二人暮らしにおすすめな間取りは?同室・別室のメリットと注意点を解説|次へ ≫

トップへ戻る